そこそこでいきましょう 3.0

徳島から発信する、浅くて広い中級オタク御用達サイト。VOCALOID多目でお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


ハロウィン・スクランブル

カボチャビームを浴びるとカボチャを植えたくなる

10月、グラール太陽系もハロウィンに賑わい、
ハンター達も、家族や恋人と同じ時を謳歌していた。

そして、彼等もまた、同じ時を確かに駆け抜けている。




※調子に乗って書きすぎました。読む方は御覚悟を!
今日は小説風です。痛いけどネタとして見て!




コロニー署の名物コンビ

宇宙警察にハロウィンは関係ないのですっ!

いくよアルジオン!







遠い背中

「いくぞ、あずの!遅れるな!!!」

う、うんっ!
どうしたんだろうアルジオン…。
今日は何だかいつもと違う雰囲気かも。







すると、私の視線を察してか、
アルジオンが私に聞いてきたんですけど、


彼の変化、私の気持ち

「あずの、正義とはなんだ?」


え?いきなりそんな事言われても…
(やっぱり変かも、今日のアルジオン)
う、うーん…。
やっぱり私達は警察なんだし、
犯罪者を逮捕したり、間違った事を正したりとか、
そういうことなんじゃないかなぁ?


「そうだな、正しい。だがその時、犯罪者を捕まえられなかったり、
間違いを正せず悪の自由を許し、自分の命を落とす事もある。」



うん。それは分かるよ。
でも私達はそれを分かった上でこの道を選んだんだもん。
皆の平和の為なら、怖くは…


うぅん…怖いかな。怖いよ。
でも、仕方ないよね…。


…あ、あははっ。
何か変だよ、今日のアルジオン。


「そうだな、変かもしれない…。システムを少し、変えたからな」


そ、そうなんだ。


「あずの、お前の言ってる事は正しい。俺達の信念で、本質だ。
だが、忘れるな…。死んでしまったら、正義を、成せない。」



うん…。


「だから俺達は、正義を成す為には死んではならない。
なら、どうすればいい。」



…。


アルジオンは…それを、知ってるの?


「そうだな。それを伝える為に、俺は今日ここにいる。」


え?ど、どういう意味…


!?



お互いがその真意を確かめる為に意識を割いたせいだった。
その時、既に敵は目の前にやってきていたんだ。




バッドタイミング

アルジオン!アルジオンッッッ!!!


いきなりの出来事で一瞬反応が遅れた私は、
アルジオンに突き飛ばされてその強襲から逃れたものの、
彼自身は、敵の直撃を受けてしまった。


混乱した頭と足を無理矢理動かして、
無我夢中で私は彼の名を呼んだ。


その時、衝撃や爆音に包まれた戦場の中で、
敵に囲まれたはずの彼の声が、はっきりと聞こえた。


「あずの、正義を成す為に死んではならない。
だから俺は生き抜く為の力を身につけた…。そう…


これが俺の"力"だッ!!!」





そして彼の声は、宇宙を越えた。






20061021205922.jpg

「来い!アルジオンバスターⅡ!!!」







~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


オペレーター

アルジオンバスターⅡ、転送シークエンス・オールグリーン!
博士ッ!!!



博士

アルジオンバスターⅡは現状で撃てるのは1発よ!
それ以上は暴走の危険性があるわっ!それを忘れないで!!!

ボス!転送許可を!!!



ボス

よしっ!アルジオンバスターⅡ!転送!!!



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~




転送完了
「博士、感謝する…。」

空間を飛翔し、アルジオンに舞い降りる力。
彼は呟き、その力を開放した。



「吼えろ!アルジオンバスターⅡ!!!!!」



瞬間、世界から全ての音が消え、純粋な光に包まれた。





開放


一瞬の後、自分を取り戻した世界が、
失った時間の分まで、爆音と衝撃を一帯に撒き散らせた。


私は、守るようにして無理矢理開けた右目で、
炎に照らされた彼の背中をただ、見つめていた。


「あずの、力を見誤るな。
それは自分を見失った時、自分を殺すだろう。
矛盾しているがな、そういうものだ…。

だから、俺は誤らない。そう、決めた。
だが忘れるな、あずの。
力でなければ示せぬ正義もあるということを。」



私は、最後まで決して振り向くことのなかった彼の背中を
馬鹿みたいに見つ続けることしかできなくて、
ただ小さく、自分でも分からない程の声で頷くことしかできなかった。





思えばこの時が、彼を止めることのできた、
最後の分岐点だったのかもしれない…。








アルジオン

ああ、彼はどこへ辿りつくのだろう…。

願わくば、彼の進む道が救いあるものでありますように…。




私は、そう願う。






to be continued...










~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

久々にやっちゃった



【実際は】新しいSUV買ったから「アルジオンバスターⅡ」にしようぜw
とか言う中の人のノリとテンションに乗っかって、
つまり元から『機甲刑事』ネタを確保しようと勤しんだという、
なんとも痛々しいお話だったんですね!
(ちなみに最後のSSは、やけにハイテンションで皆に放置されたの図)

なので、機甲刑事ネタ自体はおもしろいので続けるけど、
この話は続かないよ!面倒臭いしな!


てなかんじで、これを気合で読んでくれたアアタ。
長々と最後まで読んでくれて感謝感激でありますっ。
ではまた次回の日記でアルジオンと握手ッ!
ゲーム(オンライン)

0 TrackBacks
5 Comments

Comment

長文おつかれさま~。
ささっと読み飛ばしたのは内緒ね。
2006/10/22(Sun) 01:22:33 | URL | sola [ Edit]

さすが

公衆トイレに住んでる人は違うね。
2006/10/23(Mon) 09:12:15 | URL | こーど@コードウェル [ Edit]

>solaさん
ちょー疲れました。
妙な達成感があります(ぉ


>こーど姐さん
満員御礼の公衆トイレですから。
2006/10/23(Mon) 22:06:32 | URL | Ryota [ Edit]

あるじおんばすたー!

あいかわらず塩っぽいノリだわねw

小説っぽいノリたのしーねー。
あずの大先生の次回作に期待!

ところでさ、ブログのTOP
「エリンのみんなをどきどき~…」
ってやつ。

今、エリンにいないよね…しくしく
2006/10/23(Mon) 23:03:05 | URL | クレ子@二階堂 [ Edit]

>クレちゃん
小説っぽいノリはこう、脳内物質が充満した時に、
ふとしたノリで書いちゃうから続かないんだよね!

タイトルは、変えようと思ってるんだよ…?
うん、変えないと…。
2006/10/23(Mon) 23:22:25 | URL | Ryota [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://sokosokoeastern.blog24.fc2.com/tb.php/103-262eca91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。