そこそこでいきましょう 3.0

徳島から発信する、浅くて広い中級オタク御用達サイト。VOCALOID多目でお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


雛見沢暮らし

どもどもー。

保志はやっぱり、澄ましていい人ぶっておいしい所ばっか持ってくキャラより、調子に乗って痛い目見たり裏切られたりしていっぱいいっぱいのキャラのが似合ってるなあと実感しつつ、最近ほんとひぐらしばっかりの日々ですこんばんわ。

ということで今日は『ひぐらしのなく頃に祭』のプレイ日記というか感想をば。

これより若干のネタバレを含むので注意!





ということでネタバレ承知の方のみの閲覧とお見受けします。
まぁ完全にネタバレをするつもりもありませんので。


さてさて、とりあえず鬼隠し編終了しましーた。


んでまぁ、原作体験者なので原作とPS2版でどんな風に印象が変わるのか比較しつつ楽しみながらやってまして

選択肢導入で、どこらで分岐するんかなーと思ってたら、
やはり分岐点は大半の予想通り『綿流しの日』でしたね。

途中でヒロイン選択とかあって驚いたのにレナのみ。
2周目より魅音が加わってましたが、
ただ1周しただけで加わるのか、鬼隠し終了条件なのか、
それとも例のイベントの選択肢によるのかwww

原作プレイ者には、魅音編への糸口は予想できて当然?w

さて、そんな2週目は魅音編で攻めています。
だってうちは魅音派だから。魅音かわいいよ魅音。


とまぁ2周目はおいといて、1周目、鬼隠しの感想でも少し。


うん、アレですよ。







レナああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!


うわあああああ!!!!!


まじびびるwwwww


やはりレナの豹変ぶりは今作でも異常な怖さですねw

ただ正直な感想を言うと、恐怖度は原作のが強い気がします。
個人的にそう思うだけなんで、人によっては違うかと。

なんというか、声とビジュアルで恐怖を演出するPS2版。
役者陣の技量あってこそのこのクオリティですね。

そう思うと、文と音だけで一瞬にしてあれほどの恐怖を植え付けられてしまう原作のすごさを思い知らされます。
絵に関しては、原作はあの絵柄だからこそいいんですがねw


つまりPC版はPC版の怖さ、PS2版にはPS2版の怖さ。
これは非常に絶妙なバランスなので、「片方やったからもう片方はいいや」なんていうのは非常にもったいないと思ってしまいますね。



んでは軽くといいつつ、長々と失礼しまんした。
さぁて、今日も明け方までひぐらしかな?かな?
ゲーム(オフライン)

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://sokosokoeastern.blog24.fc2.com/tb.php/140-2df5fbb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。