そこそこでいきましょう 3.0

徳島から発信する、浅くて広い中級オタク御用達サイト。VOCALOID多目でお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


ちーちゃんは悠久の向こう

「ちーちゃんは悠久の向こう」実写映画化決定

(゚Д゚)!!?


ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫) ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)
日日日 (2005/02)
新風舎
この商品の詳細を見る



ということで映画化決定らしいですよwww
職場で新風舎から送られてきたFAX見てて「日日日の新刊が出るんかな?」とか思ってよく読んでみたら映画化とか書いてあるじゃないですか。

もう衝撃というか笑撃が止まらなかったわw
日日日読者には刺激が強すぎるよ新風舎!


デビュー当時から好きで読んでた作者なだけに喜びもひとしお。
ただ、ちーちゃん実写化だけは予想できんかったw

個人的には「狂乱家族日記」が好きなんだけど、映像化するなら「蟲と眼球シリーズ」のアニメ化が妥当(?)な線というかやりやすいんじゃないかなーとは思ってたんだけどねえ。


「ちーちゃん」は日日日の作品の中でもジュブナイル・ホラーと呼ばれる(新風舎談)鬱展開3作品の1作目でありデビュー作。

この日日日節とも言える文体をクセと取るか味と取るかは読者の好みになってくるけど、実力という点で言えば間違いなく本物の素材だと思ってるので、映画化こういった形で展開されていくのは喜ばしいことだと思ってますよ。

ただ、ネタバレをする訳ではないけど、この作品に関して評価が分かれるポイントは「ラストを納得できるか否か」だと言えるのではないかと思うわけで。

ぶっちゃけた話、個人的にはオチに大満足というわけではありません。
もちろん嫌いということでもないんですよ?
ただ、捉え方の違いなのかなーと。

まぁ、オチがどうのこうのではなく、全体的な作品としてはおもしろい日日日ワールドだったので今では好きな作品の一つとなっています。




と、内容には触れずに自分の感想を綴ってみたわけですが、これを読んで少しでも興味を持ってもらえれば幸いです。

どんな内容かは、↑のリンク先参照でよろw


来年の映画公開が楽しみです。
でも絶対四国じゃ上映しねぇんだろうなあwww


最近周りで新風舎の風が吹き続けている初秋です。


アニメ・漫画・小説

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://sokosokoeastern.blog24.fc2.com/tb.php/201-5c45382c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。