そこそこでいきましょう 3.0

徳島から発信する、浅くて広い中級オタク御用達サイト。VOCALOID多目でお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


四国のヲタ諸君「ufotable」をご存知か?

「ufotable」(ユーフォーテーブル)をご存知ですか?

業界では名の知れたアニメ製作会社であり、最近では「劇場版 空の境界」が有名。
他に「まなびストレート」「フタコイオルタ」、懐かしいところでは「ニニンがシノブ伝」「住めば都のコスモス荘」などもここが製作してた訳ですね。詳しくは下記リンクで参照してもらえば。

■ufotable公式サイト
■ufotable wiki

さてそんな個人的に大好きな会社がなんと、
我が郷土徳島県で新しいスタジオ設立を検討しているとのことw




この事実を知ったのは
昨日(9月4日)付けの徳島新聞朝刊の経済欄(7P)

なぜこの会社がわざわざローカルのトップランナー徳島にスタジオを作るのか?記事を読んでみたところ、どうやらここの社長である近藤氏は徳島市出身らしいです(ちょ

記事の掲載文面から抜粋すると。

■東京で働くのは精神的な疲労が大きく、人材の入れ替わりが激しい。
■リフレッシュできる環境でもある地方で次世代の人材育成。
■近くアニメーターを募集し、県内の景観が良い場所でスタジオ設立希望。

と、都市部から離れた地方で業界を志望する若者には非常に嬉しい話。
加えて近藤社長は

「徳島で仕事をするということになっても、東京の下請けでは意味がない。例えば徳島で育ったスタッフが徳島を舞台にしたストーリーをつくり、徳島で放映するといった仕組みが必要と思う。」

とも発言しています。



うぅむ、なんともおもしろい話。

これを読んで思ったのは、ローカル番組の星「水曜どうでしょう(北海道)」みたいなことをアニメを使ってやらかそうとしてるんじゃねーのか!ってこと。

こう考えると余計におもしろそうだ!



と同時に、この計画を後押しする要因も徳島にはあるようです。

近藤社長は最近徳島市内でセミナーを開催する為に帰郷していたみたいですが、その時に徳島の繁華街である東新町を散歩して、その閑散とした姿に愕然となったそうです。

そりゃ、この10年で数箇所あった映画館が皆潰れてちゃね…。

徳島県民はお金の使い方が非常に下手、つまりケチな傾向があります。
娯楽に飢えてる癖に、娯楽にお金を使いたくないという矛盾。
時代背景もあり、人は貯蓄だけを信じ、経済を回すことは二の次。

映画館に足を運ぶ人も少なくなるのは当たり前で、
現在市内に存在する映画館は1つだけ。
たまに、一部の元映画館で有志による放映があるそうですが…。


その現状に近藤社長は「何かしなければ」と感じたそうです。


四国に住むヲタク達は、地元のヲタショップが限られている上、
コミケなどのイベントも小規模なものが限られているだけ。

ほとんどのヲタボーイ、ヲタガールは地元に絶望し、
神戸や大阪にグッズを漁りにでかけるわけですよ。

近藤社長は逆に、「徳島に魅力が生まれれば、そういった場所から容易に人を集めれるのではないか?」という考えを持っているようです。


目から鱗とはまさにこのこと!
そうか!そういうことだってできるんだ!



僕Ryotaは、アニメ・漫画等のヲタク界が激動の進化を続けるこの10年、
徳島県で生まれ育ち、徳島というローカルのヲタ歴史を生きてきました。

本屋という職を通して得た経験もあり、徳島のヲタクの傾向を目の当たりにしてきたので、社長の言葉は、その一つ一つが心を打ち、納得してしまうものばかりでした。

近藤社長のこれからの活動を少しでも協力できたらとも思います。
そんな”そこそこでいきましょう”は、ufotableを全力で応援しています。







と、いい加減締めくくろうとして驚愕の創造がよぎった。
徳島がヲタ発展しちゃったら、伝統の阿波踊りが大変なことにwwwww


痛車ならぬ、痛連とかできるんじゃねえだろうなwwwww
(※阿波踊りのチームを「連:れん」と呼ぶ)

見たいような見たくないような!不思議!



徳島ヲタクとして注目の話題だったので、
ついつい熱が入ってしいまいました。

オチもついたしよかったよかった!


これからの進展に色々と目が離せませんね!


アニメ・漫画・小説

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://sokosokoeastern.blog24.fc2.com/tb.php/287-ab4ccd5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。