そこそこでいきましょう 3.0

徳島から発信する、浅くて広い中級オタク御用達サイト。VOCALOID多目でお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


【ラッキーガール】 マビノギラブストーリーvol.1

出会った数だけ物語がある。それがMMO。


メインじゃなくても、サブじゃなくても、
倉庫ちゃんにだって物語はあるんです。


今日はそんな女の子のお話。




---------------------------------------------------------
【注1】内容は実際の会話となんら関係ありません!
    管理人の完全なる妄想ですんでそこんとこヨロシクwww

【注2】本編はかなりの長文です!
    なんで時間のある時に暇つぶしに読んでね!



揺れ動く乙女心。


わたし、ミゼリア。

たゆねちゃんやふらのちゃんの比べたら、影も薄いし、
露店回ったりするくらいしかすることがない倉庫キャラ。

そんな私に、前に出会ったあの人からメッセ。



「ギルド作成手伝ってくれないかな?」



一度だけ会っただけな人だけど、、その一言には不思議な感覚。
いつもはクールを装ってる私だけど、不覚にも慌ててしまう。



(これって・・・デーt・・・)



思わずカーっとなって顔を振る。
何でもない、何でもないんだと自分に言い聞かせつつ、
せっかくのお誘いだし、服くらいキレイにしようと早足で出掛ける。
そうなのだ、これはあくまで礼儀なんだ。


特別な思いなんてないのだ。







これがいいかな

これにしようかな。


やっぱりこっちかな

こっちがいいのかな。



服を選ぶなんていつもしてることなのに、
普段とは何か違う感覚にそわそわする。

これで本当にいいのかな。
不安になる。






女の子の悩みは、結局のところ、女の子にしか分からないもの。


女の子同士

「ねぇクリ子、これ、おかしくない?」
「まためかし込んじゃって。」

 
デート?と軽く笑いながら冷やかしてきてもやっぱりそこは親友。


「人ってのは外側じゃなくて中身よ。自信持ちなさいな」


励ましてくれてるんだろうけど、クリ子はちょっと回りくどい。
聖職者ってみんなそうなのかな。


でも少し自信が湧いたよ。
持つべきものは友達だよねっ。





あたしも、会いたくなっちゃった・・・かな

「ありがと、クリ子」


親友の応援を背に、私は走った。


服は結局いつものお気に入りに着替えた。
やっぱりこれが一番わたしらしい。
そんな自分が好きに思えたから。


後ろで彼女が何か言った気がして立ち止まったけど、
既に声は風に流されてしまっていた。
ただ、優しく微笑んでいたような気はしたのだ。


気難しいけど心優しい。
そんな彼女に、私も幸せになって欲しいと願い、
再び走りだした。


彼の待つ、約束の場所へ。







これが私

ただ、不安なことが一つだけあった。



(ちゃんと、笑えるかな・・・)



自分で言うのもなんだけど、笑うのが苦手。

 
自分には似合わない。
そう思ってしまうから。


でもそんな後ろ向きな自分は好きじゃない。
分かってるから、少しでも前に進みたい。


少し深呼吸。

本番前の笑顔の予行演習。







・・・








(・・・ぐす


笑顔は、少しだけ苦手・・・。







でも、だからこそ。


彼に見てもらいたかった。






「自信を持ちなさいな」






不器用な親友の言葉を思い出す。






(うん・・・がんばる)






落ち着いて


彼は、そこにいた。



ただ、見えただけ。

まだ声もかけてないし、彼もこっちに気付いていない。

ただ、見えただけなのに・・・




胸の鼓動が、止まらなかった。




落ち着け、わたし。

まずは声をかける。
軽く挨拶。
そして軽く笑う。


これだけ、これだけでいいんだ。
行け、行くんだ、わたし。
右足、左足、右足、左足。


大きく深呼吸。
2回、3回、おまけにもう1回。


よし、いける。


第一歩をを踏み出した。







あ・・・


「あ・・・」







胸が、締め付けられた。







そうなのだ、ギルド作成は2人ではできない。
彼が他の人を呼んでいるのは常識で考えれば思いつくことなのだ。


その中に女の子がいたとしても。


その中に彼女が既にいたとしても。




わたしは、彼の中では大勢の中の一人でしかなかったとしても。








分かっていた。



気付かない振りをしていた。






そんな自分が、たまらなく惨めに思えた。















逃げ出したかった。


でも、ここまで来たんだ。せめて彼の役に立って去ろう。





切なさ


「お待たせ・・・」

「いらっしゃいっ。久しぶりだね。」





なんとか、「うん」とだけ言うことはできた。
早く終わらせて、帰りたい。


元気のないわたしを見て、彼は心配そうに顔を覗き込む。
ここから、逃げ出したい。



「どうしたの?」



だから、そんな風にわたしを見ないで。



「大丈夫・・・?」



わたしの体調を気遣ってくれる彼。

優しい彼。

困ったように、でも優しく声をかけてくれる。







お願い・・・







「来てくれて、ありがとね」







優しくしないで・・・









~ ~ ~ ~ ~









全てが終わって、ギルドは解散した。






わたしは、降り出した雨に打たれていた。
傘もささず、軒下に隠れることもなく、ただ、打たれていた。


ただそうすることで、
胸の奥のよく分からないものが流れてくれると思った。


だけど本当はに流れて欲しいものは、
後から後から、こみ上げて、流れ切ることはなかった。



止むことを知らない二つの雨。







その時、ふと体に当たっていた雨が止んだ。







見上げたら、彼がいた。







「え・・・?」


「風邪引くよ」




そう言うと、彼はわたしの隣に座り、
わたしは、今の自分の顔を見せないように彼と逆に向いた。






ふたり








「そっちも、そんなとこ座ってたら風邪引くよ・・・」

「大丈夫だよ、頑丈だから」



軽く笑ってみせる。
彼のその能天気な声は、私の嫌な気持ちを、
気付かないうちに全部払い去ってしまっていた。


さっきまでのどうにもならない気持ちは、
いつのまにかどうでもよくなっていたのだ。



彼がそばにいてくれている

それだけでうれしかった。




「雨、止まないね」

「止むよ、多分」




ずぶ濡れになりながら、傘も差さず、
相変わらずいい加減なことを言う人だなと思いながら、


ただ一緒に雨に濡れてくれるこの人のことが、
やっぱりわたしは好きなのだ。





そして、やがて雨は上がり、二人は柔らかな夕日を浴びた。





「ほら、晴れた」



してやったりと言いたげな彼はほんと子供みたい。



「偶然だよ」



何言ってるんだかと澄ましてみせるわたしもほんとに子供みたい。





雨は、全部キレイに止んでいた。


風邪を引いたらいけないから、早く着替えたほうがいいと、
気遣ってくれる彼を引き止める。


背中越しに彼が戸惑っているのを少し楽しく感じて一言。



「すぐ乾くよ」







だから、もう少しこのままで・・・







仕方ないなと、彼。
仕方ないんだよと、わたし。







二人の影は、夕日に照らされながら、
ゆっくりと寄り添うように街へ伸びる。





ふと気付いたことがあった。



でも、これは彼にはまだ教えてあげないのだ。



いつか、ちゃんとできるようになった時、
その時がくるまでとっておくのだから。



そう、"まだ"教えてあげないのだ。









きっと明日もいい天気


笑い方を知ったわたしは、多分ラッキーガール。
























-------------------------------------------------------------
【あとがき】

恥ずかしいいいいいいいいいいいいいい!(笑
さて珍しくシリアスにラブストーリーなんか書いちゃった!
取り返しがつきませんwww

ふと書きたくなったのがほんとのところw
SS撮ってる内に、なんかストーリーができちゃって。
ほんとはもっと短くするハズだったんですけどね(苦笑

ネトゲに代表されるMMO。
キャラの数だけプレイヤーがいて、
プレイヤーの数だけストーリーはあるんですよね、絶対。

倉庫キャラにだってあるんですw
これを読んだ方で、自分の倉庫ちゃん(or君)が、
今までよりちょっと好きになってくれた方がいらっしゃったら、
それはもう本望っていうかうれしすぎますw


長々と、恐らく過去最長の日記です!
御精読本当にありがとうございました!!!






そんな恥ずかしい記念じゃないですけとランキング始めましたっっっ
もしよろしければ1クリックなんてしちゃったり?

ランキングはじめました
ゲーム(オンライン)

0 TrackBacks
11 Comments

Comment

( ゚д゚ )
2006/05/25(Thu) 09:28:24 | URL | こーど@コードウェル [ Edit]

感動した!

でも「クリ子」が…
クリ子に笑ってしまって可愛さを堪能できなかった><

マビの特徴の天候変化とか
表情変えるとか
あとラストのタイトルとか
上手につかっててうまいなあと思いました
へぇ感動ボタンがあったら
87回くらい連打したいです!!!

うちの倉庫ちゃんにも出会いがあるかなあ…。

なんか心があったかくなりました
いいものを読ませてくださってありがとう^^
2006/05/25(Thu) 11:22:20 | URL | みく [ Edit]

じ~~~~ん

私は今、も~れつに感動しているぞー(T_T)

そういう気持ちが痛いほど分かっているから…。

続きを楽しみにしてますよ~^^

2006/05/25(Thu) 13:32:53 | URL | くるくま [ Edit]

ええ話や~

普通に目頭熱くなったよ><
たゆちゃん文才あるねぃ・・・。

こういうのできないので羨ましいやら。
感動したでち!

また機会あったら書いてね~。
2006/05/25(Thu) 14:13:12 | URL | クレッセル@休止中 [ Edit]

>こーど姐
(゚∀゚)


>みくさん
クリ子かクリ美か迷いましたw
天候変化もタイトルも、SSに写っていたもので文を繋げるって難しいです…。
むしろ最後のSSの為に書き上げたといっても過言ではありません(ぁ
みくさん家の倉庫ちゃんにも出会いがありますようにw


>くるくまさん
照れますな(ry
いやー、感情の乏しい子程、少しの変化にドキッとしますよね。
恋をしてドタバタしちゃう女の子は可愛いと思うんで、そんな感じが少しでも出てれば幸いですw


>クレッセルちゃん
は、恥ずかしいぃいいいいいい!
完全に妄想の産物だけど、ちょっとアリかなと思ってくれたら泣いて喜んぢゃうよっ。
2006/05/25(Thu) 22:14:28 | URL | Ryota@たゆね [ Edit]

床を転げまわりたくなるような恥ずかしさだけど、女の娘だったら少なくても一回くらいはある話だおね。

「その恥ずかしさがまたいいのだ」とか
後ろのおバカさんが言ってるけど、男性からみたそーゆーのじゃなくて、女の娘だけの「キモチ」って、やっぱり大事だおね♪

こーゆーのがかける「キモチ」、きっとそれも大事なことだお。
大切に育ててね♪



※ 恥ずかしい本文に対抗してみました。
2006/05/26(Fri) 02:19:15 | URL | コディ [ Edit]

さいこおおおおおおwww

これはねえええええええええええええwwwwwwww
これはねえっすよwwwwwwwwww

クリ子wwwwwwwwwwww

俺、頑丈とか言ってないっすからwwwwwwwww

いやー、久々に爆笑でした、素晴らしいです

次回作にまた期待します
2006/05/26(Fri) 03:50:20 | URL | 七神 [ Edit]

>コディちゃん
は、恥ずかしいセリフ禁止ッ!
って一番恥ずかしいの自分ですけどおおおおお!!!
でもまぁ、たまにはいいよね?w
女の子は可愛くあるべきだものね。


>七神さん
出演ありがとござまーっす!w
てか勝手にやっちゃった!
本当にディムナスっていい男ですよね。
完 全 脳 内 変 換 ですけど!



※感動してくれた方が大勢いてくれて本当にうれしい限りですが、
 実はコレってかなりの爆笑ネタでもあるんですよホント(笑
2006/05/26(Fri) 04:02:16 | URL | Ryota@たゆね [ Edit]

( ゜Д゜)ポカーン

大丈夫?熱有るんじゃないの?(w
たまたまとかいってるがたぶん確信犯的に
SSを取っていたはずと言ってみるテスツw

「やまない雨はないよ。そのうちきっと晴れるさ!」

そのうちメインキャラでやってくれると期待age
2006/05/26(Fri) 17:49:01 | URL | たけぽん [ Edit]

この話とは関係ないけど…

タイトルなかなかいいじゃないですか^^
やわらかい感じでブログ名とあってますよ~末尾についてるハンコもいい味がでてます。
そして、なんといってもサブタイトル(?)!
ますます女子だと思われますね;

りにゅ~ある(?)お疲れさまでした(^^)
2006/05/27(Sat) 13:26:04 | URL | くるくま [ Edit]

>たけぽんさん
確信犯的?知ラナイヨ?
「やまない雨~」って確かにそんな感じだけど、改めて言われるとかなり恥ずかしいいいいいいいっ!
メインの2人ではとうてい無理だ…


>くるくまさん
タイトルやらその他色々と変更ですよ~。
それは次の日記で詳しくw

"アレ"はうちが書いたんじゃありませんwww
2006/05/28(Sun) 00:15:21 | URL | Ryota@たゆね [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://sokosokoeastern.blog24.fc2.com/tb.php/61-7baed55c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。